メニュー

ブログ

カーボカウントとは(2019.02.07更新)

 2型糖尿病患者さんが多い日本においては、食品交換表は食事療法を初めて学ぶのにはとてもよい方法です。ただこれに基づく「主食・主菜・副菜・汁物」などの日本的な食事を毎食、揃えて食べるのは困難な時代になったのも事実です。これに対してカーボカウントは1型糖尿病の介入研究の栄養療法の一つに用いられ、効果をあげ、欧米では広く使われてきたものです。

 1型糖尿病の方は肥満や、生活習慣が発症原因ではないわけですから,消失したインスリンをインスリン注射によっていかにうまく補うかがポイントとなります。糖質量(カーボ)を見計らって(カウントして)、打つインスリン量を決める。これがカーボカウントです。インスリンに生活を合わせることではなく、食事、生活にインスリンを合わせる方法と言えるでしょう。これによって厳格な食事制限から解放されるのです。勿論、肥満はいけませんが。 

 カーボカウントを実践するのは患者様自身ですので、患者様にも教わりながら私共サポートしております。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME