メニュー

ブログ

生活習慣病でもCOVID-19に負けないために!(2020.05.14更新)

 新型コロナウイルスによる感染症COVID-19が蔓延し、わが国でも緊急事態宣言がなされました。このCOVID-19はおよそ80%の人には軽傷~無症状ですが、20%の人は肺炎を起こして重傷化します。そして、心血管病・糖尿病・高血圧・呼吸器疾患・慢性腎臓病・がんなどの生活習慣病のある人が重症化しやすい特徴があります。そう聞くと、生活習慣病のある患者さんは心穏やかではありませんね。それでは、生活習慣病の患者さんがわが身を守るにはどうするべきでしょうか。
 まずは自身が感染しないことが大切です。現在、感染が起きやすい状況が明らかになっており、『3密』と言われています。「密閉」された喚起の悪い場所に、多くの人が「密集」し、手を伸ばせば届く距離で「密接」に会話するような環境です。このような環境に身を置くことは避けましょう。また、COVID-19は「飛沫感染」(くしゃみなどで飛び散る微粒子による感染)と「接触感染」(ウイルスの付いた場所を触れた手で自身の目・鼻・口を触ることで生じる感染)により広まります。後者の接触感染を防ぐにはまず『手洗い』が大切です。外出時には汚染されている可能性のある手で安易に自分の顔を触れないこと、そして帰宅時の手洗いが大切です。また、バランスの良い食事をとり、睡眠不足は感染症のリスクになるため、夜はよく睡眠をとって、普段から感染症に対する抵抗力をつけておきましょう。

 「ステイホーム」が基本ですが、怖がりすぎて家に閉じこもることはいけません。特に病院に行かなくなり、治療を自己中断してしまうことは危険です。治療中断して生活習慣病が悪化したら、COVID-19への抵抗力が弱まります。病院に行くことが怖くても、治療中断せずに、必ずかかりつけ医と相談してください。また、屋外で個人での散歩やジョギングは感染リスクになりません。家の中でできるラジオ体操や動画での運動なども有効でしょう。電話や手紙・SNSなどで他の人とコミュニケーションを保つようにしましょう。引きこもらずに、身体的にも精神的にも活動的にすることが重要です。

 

      COVID-19に負けないコツ
 感染を予防する
●『3密』を避ける
●『手洗い』で接触感染を防ぐ
●バランス良い食事・良眠を心掛ける
 

閉じこもらずに活動的に過ごす
●治療中断しない      ●室内運動をする
●戸外で個人的な散歩をする ●電話・手紙・SNSで他の人と交流する

5月の旬の食材~アスパラガス~(2020.05.14更新)

 今回は春先から初夏が旬のアスパラガスを紹介します。アスパラには葉酸やビタミンKが豊富に含まれています。
 葉酸は赤血球の生産を助けたり、たんぱく質の生合成を促進する働きがあります。最近の研究では、葉酸が動脈硬化の危険因子と考えられているホモシステインをメチオニンに変換する反応を助けることが示唆されました。さらにメチオニンは血中のコレステロール値を低下させる可能性があると考えられ、葉酸の摂取が虚血性心疾患の予防に効果があるのではないかと期待されており、さらなる研究が進められています。
 ビタミンKは主に血液凝固に関与します。ビタミンKが不足すると血液凝固に時間がかかり、出血が止まりにくくなります。また、丈夫な骨づくりにも不可欠で、骨に存在するオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨の形成を促す作用があります。そのほかにも動脈の石灰化を抑制する作用があります。ビタミンKは油と一緒に摂ると効率よく摂取できます。ですが、ワーファリンを服薬している人の場合、ビタミンKを多く含む食品を摂取すると薬の作用が弱まるので、摂取を制限されることがあります。主治医の先生や管理栄養士に確認・相談しましょう。

 アスパラガスは光が当たると育ってしまうので、冷蔵庫の野菜室などの冷暗所で穂先を上にして保存します。湿らせたキッチンペーパーを軸に巻き、乾燥を防げるのでおすすめです。また選び方としては、穂先が締まり、茎はまっすぐでしっかりとして、緑の濃いものが良いでしょう。ぜひチェックしてみてください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME