メニュー

足のセルフケアについて

[2018.07.26]

asi実は糖尿病の足病変の要因の多くは、靴擦れや熱傷など、特別なものではないことが多いです。

しかし、それが足病変や足の潰瘍になった場合、治療が長期化したり、足の切断に至ってしまうなど皆さんの生活そのものに大きな影響を及ぼすことになります。

自分の足を守るために、まずは自分の足に関心を持つことが大切です。
自分の足を観察したり、触ってみることから始めてみましょう。

特にこの時期に革靴や安全靴を長時間履く方は蒸れやすく、白癬(水虫)になりやすいためお風呂に入りながら、指の間やつま先まで自分の足と向き合う時間を作ってみるのはいかがでしょうか。

看護師

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME