メニュー

野菜を1日350g摂りましょう!

[2019.07.12]

 よく”野菜は350g摂りましょう”と言われていますが、皆さんはどのくらい摂れていますか?自宅に秤がなかったり、外食するとどのくらいの量があるのか分からないので検討がつかない人が多いと思います。今回は350gに近い量を摂れているか簡単に確認できる”手ばかり”という方法をお伝えします。

 

 準備するものは自分の手だけであとは何もいりません。外出先でもできるので、ぜひ覚えてみてください。

 

 まず生野菜(サラダなど)の場合、1食あたり両手いっぱい埋まる程の量を摂りましょう。両手を合わせたものと同じくらいのお皿があると分かりやすいですね。次にお浸しや温野菜などの火を通した野菜を食べる場合は、1食で片手いっぱい埋まる程の量を摂りましょう。小鉢の料理で1~2品あると良いでしょう。具沢山のお味噌汁にしても立派な1品になります。

 

 野菜だけでなく、海藻やきのこ、こんにゃくも取り入れてOKです。もずくやめかぶ、これからの時期には刺身こんにゃくやところてんなんかもオススメです。それらをうまく組み合わせて1日350g摂れるようにしてみましょう!

 

 野菜は血糖値の急上昇を防ぐだけでなく、余分な脂肪やコレステロールを排泄させ、腸をきれいにする働きがあります。また、野菜には糖質やたんぱく質、脂質を効率よく消化・吸収する手助けをしてくれるビタミン・ミネラルが豊富です。不足すると内臓脂肪が付きやすくなる上、足がつりやすくなったり、肌荒れしたり、口内炎ができやすくなったり、風邪をひきやすくなったりもします。血糖に高い低い関係なく健康維持のためにも野菜類は積極的に摂りましょう!

管理栄養士

100553546

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME